メニュー 閉じる

Fit

太陽光発電の固定買取が
終了する方へ

2009年にスタートした、太陽光発電による電気の固定価格買取制度(FIT)が2019年11月以降、順次終了していきます。(10kW未満の場合)
買取期間が終了すると、つくった電気は今の単価では販売できなくなるため新たな対策が必要です。

固定買取制度(FIT)とは?

太陽光をはじめとする“再生可能エネルギー”で発電した電気を、電力会社が10年間、固定価格で買い取ることを国が義務付け、再生可能エネルギーの普及拡大を目指した制度です。電力会社による買い取り費用の一部は、電気の利用者から電気料金の一部として集め、コストが高い再生可能エネルギーの導入を推進しています。


買取期間終了後の売電価格は下がる

経済産業省の資料によると、固定価格買取制度(FIT)期間終了後の売電単価は下がる可能性が高く、11円/kWh程度と想定されています。

例えば・・・
【2009年に太陽光発電システムを導入したお客様の場合】
48円/kWhだったFIT期間中の売電単価が、FIT期間終了後に単価8円/kWhになると年間137,000円、10年で約140万円も売電収入が減少してしまいます。


電気代は年々上がる!

※一ヵ月の放電使用料が300kWh(月7,600円程度)の家庭の場合

東日本大震災があった2011年以降、電気代は15%以上も上昇しています。電気自動車の普及やあらゆる生活用品のIoT化で、ますます電気の需要が増える一方、消費税引き上げ、原発処理費の負担、原油価格の高騰などにより、今後も電気代は上がり続けていくでしょう。

また、再エネ賦課金も2012年度の0.22円/kWhから、2018年度には13倍の2.9円/kWhに急増。標準家庭(300kWh/月ほどの使用量)の年額にすると792円だったものが、なんと10,440円に。電気代の一部である、この再エネ賦課金も上昇の一途をたどっています。

ご自宅の電気料金の請求書をチェックしてみてください↑↑


対策をするならこちら☟

PAGE TOP