メニュー 閉じる

家を建てる賢いタイミング

家は建てる時期によって

その総額が大きく変わります。

建てる時期を先延ばしにすれば、

その分だけ自己資金を増やすことが出来ます。

しかし!

その間に金利が変わる可能性があります。

今すぐ建てる場合

3年後に建てる場合

では

シミュレーション

してみましょう!

Aさん家族の場合

住宅購入を検討しているが
自己資金が少ないため、
3年後にしようかと迷っている。

現 在 は

  • 家賃が月7万円の賃貸住まい
  • 総額3000万円で検討
  • 自己資金は100万

住宅ローンは

  • 35年間の固定金利で検討

(現在の金利は2%とする)

さて、Aさん家族は3年後に
マイホームを購入することを目標に
年間いくら貯金できると思いますか?

例えば 

年間貯金額を50万円としましょう。
すると、3年間で
150万円貯めることが出来ます。

つまり、
現在の自己資金100万円と合わせた
250万円が自己資金となります。


次に 借 入 金 額 です。

今すぐ建てる場合

3,000万円ー100万円(自己資金)
2,900万円

3年後に建てる場合

3000万円ー250万円(自己資金)
2,750万円

になります。

これを現在の金利2.0%で計算すると、

今すぐ建てる場合

月々の返済額が99,379円

総支払額が41,739,180円

になります。


3年後に建てる場合

低金利時代と言われている現在
金利は底をついていると考えられます。
今後、金利が上昇する可能性も十分あります。

仮に1%だけ
金利が上がっていると
仮定します

すると金利は3.0%ということになります。

月々の返済額が109,682円

総支払額が47,566,440円

になります。

この時点で

これだけではありません!!

今すぐ建てた場合は
打ち合わせから着工、
お引き渡しまで
だいたい半年以上は
かかりますので、
半年分の家賃がかかります。

ローンの総額に家賃分を足すと…

41,739,180円 
+ 420,000円

= 42,159,180円

が、家賃まで含めた総予算額になります。

3年後に建てた場合、

家を建てるまでの3年間
36ヶ月

打ち合わせから引き渡しまでの半年間
6ヶ月

つまり、

36ヶ月+6ヶ月=42ヶ月の家賃を
支払い続ける必要があります。

この家賃分を総予算額に加えると…
最終的な総予算が

47,566,440円 + 2,940,000円

= 50,506,440円

となります。

これが金利の怖い所です。

3年間、一生懸命働いて
自己資金を貯めたとしても
たった1%の金利上昇
すべてが水の泡。。。
それどころか、
逆に大幅に損をしてしまうこともあるのです。

結 論

マイホームを考える際は

建てる時期が非常に重要です

ベストな時期に建てられるよう

家づくりを

進めていきましょう!!

PAGE TOP