メニュー 閉じる

融資を受けられない原因

まず住宅ローンを組む場合

事前の審査が必要です。

審査結果によって

希望の借入が可能かどうか決まります

残念ながら審査に落ちてしまい

希望額に届かない
or
全く融資が受けられない

という人も少なくありません。

では、住宅ローンが組めないのは
なぜか?

10の原因をお伝えいたします。

① 年収が300万以下

住宅ローンを組むうえで一番最初に重要視されるのが「年収」です。

特に、年収が300万以下の方は一般的には難しいと言われています

自己資金が少ない

住宅ローンを組む際に自己資金が少ないまたはゼロの場合

住宅ローンの審査に影響があります

車のローンの残債がある

車を購入する際の支払いは、ローンを組む割合が6割以上と言われていて、返済期間も平均で3年~5年が多いようです。

住宅ローンを組む際に車のローンの残債があると組めない可能性が高くなります

サラ金・キャッシングリボ・リボ払いの残債がある

サラ金やキャッシングの利用者人口は1200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなります。

利用者の年齢も30代・40代が多く
家づくりをされる多くの方が該当します

クレジットカードの支払が遅れたことがある

買い物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で使われています。

銀行口座の残高不足などにより支払いが遅れたことがある場合、住宅ローンは難しくなります

債務を整理したことがある

過払い金返還請求のことで最近テレビやCMで弁護士事務所が行っているサービスです。

この債務整理をした事がある場合、住宅ローンを組む上で支障をきたす場合があります。

家族の借金を肩代わりしている

家族の借金を肩代わりしている場合・・・

住宅ローンを組むのはなかなか難しいです

すでに住宅ローンを組んでいる

中古の一戸建を住宅ローンを組んで購入した後で

「 やっぱり新築にすれば良かった・・・ 」

というケースは少なくありません。

すでに住宅ローンを組んでいる場合

一般的には現在の住宅ローンを完済してからの融資になります

雇用形態が「契約社員」である

現在は雇用形態に「契約社員」というものがあり、この数も年々増加しています。

雇用形態が契約社員の場合

住宅ローンは通りにくくなります

自営業を営んでいる

自営業の方の場合

開業年数や売り上げなどに
関係なく
住宅ローンを組むのが大変難しくなります


どれか一つでも当てはまると
ローンを組むことができないのでしょうか?

大丈夫!

いいえ!

そんなことは
ありません!

もし、いずれかに該当する場合でも
住宅ローンを組める
可能性があるのです

まずは融資可能額を把握しましょう

いくらまでの融資が可能なのかを

把握しておかなければ

賢い資金計画はできません

まずは今の状況をご相談の上

事前審査をしてみましょう

PAGE TOP