メニュー 閉じる

Air断

特許取得の断熱工法

エアコン1台で
全館空調のように年中快適
それがAir断です

Air断の仕組み

一般的な住宅は、換気口を屋外へ貫通させています。Air断住宅の換気口(ファン)は屋外へは貫通させず、壁材と胴縁の空間を通気層として利用します。

住宅の床下は、夏なら26℃程度、冬なら15℃程度の温度を維持する能力を持っています。エア断住宅はその地盤熱に着目。ファンによって床下の空気を活用し、快適な家を保ちます。

家の各所にパイプファンと湿度センサーが設置されています。それらをマイクロコンピューターによって管理・制御。家全体が快適な気温・湿度になるようファンを制御します。

コストが下がる理由

防蟻処理剤 不要
床下が乾燥するので、防蟻対策となります

換気窓・ドア 不要
コストが高い建材を安価なものに変更

安価な断熱材でOK
高価な残熱材が不必要

吸気口が不要
壁を貫通する吸気口が不要になります

メンテナンス費用の軽減
自動制御の床下ファンが結露を抑制

電気代 お得に!
電力会社を比較!半分程度の電力使用量

カテエネ 電気料金

お客様の声

住み始めて3年。真冬でも毛布だけで寝ています。布団を使ったことがない!

朝起きて、外の寒さが全く分からない。玄関を出て初めて寒さに気づいた

早朝のトイレでも寒さを感じなかった事に驚いた。

今朝寒かったねぇ~!と同僚に言われて、えっ?と思うほど家は温かい

補助暖房が必要な寒い地域。エアコン暖房なんて絶対無理だと思っていたのに・・・

年末の大掃除がどこを掃除すればいいのか迷うほど、ほこりが無かった事に驚きでした

Air断MOVIE▶

https://youtu.be/pRcwpFb1aTk
PAGE TOP