———————————————————————-モバイル・タブレット———————————————————————-

これからの未来を想う

住宅用太陽光発電
スマートハウス

「資源を自ら生み出す取り組み」=「創エネ」の一環として、一般家庭にも広く導入され始めている「太陽光発電システム」。2050年に実現を目指す脱炭素社会へ向けた、地球温暖化対策・SDGsの観点からも、その重要性がより評価されています。

これまでの太陽光発電


これまでの太陽光発電は、作った電気を売って得る「売電収入」を望めるものとして、特定の需要層へ導入されてきました。しかし、電気の買取価格(売電価格)が下降することから売電収入は激減し、メリットが半減。それなら「自分で作った電気は自分で使おう」という動きが大きくなり、そのための設備が充実してきています。

豆知識:売電価格の下降は、FIT(固定価格買取制度)の終了が深くかかわっています。>FITについて詳しく

これからの太陽光発電


これからの太陽光発電は
蓄電池と併せた「 自家消費モデル 」が主流です。

自家消費モデルとは?

  • 日中の電気使用分は太陽光発電で
    得た電気を使ってまかなう
  • 使わず余った電気は蓄電池に充電
    (満タンになったら売電)
  • 夕方~朝は蓄電池に蓄えた電力を
    使用し電気の購入量を減らす

大きくズームしてご覧ください。

太陽光発電・蓄電池を導入すると?

このように「なるべく電気を買わない」運用方法が「自家消費モデル」です。電気代が安くなるのはもちろん、電気の購入「量」に上乗せされる再エネ賦課金や、購入「金額」に上乗せされる消費税も抑えられます。

こちらのご不安、みなさまからよくご質問頂きますが、ご安心ください。太陽光発電の設備を設置する際、電力会社が売電・買電をできるようメーターを設置します。電力が足りなくなった場合は従来と同様に電力会社からの供給を受けることができます。

車も蓄電池になる!?


太陽光発電と同じく注目されている電気自動車ですが、電気自動車は蓄電池としても使用可能。これを「V2H…Vehicle to Home」といい、必要な設備を整えることで車を電源としても使用できるようになります。走行時にも、発電時にもCO2を排出することはないため、経済的負担を解消する上に環境保全にも貢献できます。

その他にこんなメリットも


 災害(停電)時にも電気が使える

 太陽光パネルが直射日光を軽減

 電力が見える化でき、節電意識が高まる

創エネ社会への第一歩として、
太陽光発電をはじめてみませんか?


YouDesignHomeには、太陽光発電や蓄電池の仕組みから設置まで専門の資格を持ったスタッフが常在しており、お客様へ実際の使用感をお伝えするため日頃から太陽光や蓄電池・電気自動車・V2Hの導入を行い、使用しています。気になっていることがある、検討しているけどいまいち仕組みが分からない、など何でもお気軽にご相談ください。

すでにお家が建っている場合の
お手続きの流れ

新築と一緒に太陽光発電をご検討の場合は
新築ご相談時にお申し付けください。

 お問い合わせ

まずはお問い合わせフォーム、もしくはお電話( 0868-36-5542)よりお気軽にご相談ください。
営業時間 9:00-18:00 (水曜定休日)

 お見積り

ご依頼内容や現地調査をもとに、システム設計や電気料金をシミュレーションします。

 お申し込み

お客様の疑問や不安が解消され、ご納得いただいた時点でご契約のお手続きを進めます。設置に際する補助金申請のサポートもお任せください。

 設置工事

ご近隣の方へのご挨拶をはじめ懇切丁寧に施工。電力会社に太陽光で発電した電力を買い取ってもらえる状態にして工事完了となります。

 アフターメンテナンス

長期にわたって安定した発電をするための、10年間の充実メンテナンスサポートや安心施工補償など、アフターサービスも万全にご用意しています。

 お問い合わせへ

————————————————————–デスクトップ・タブレット————————————————————–

これからの未来を想う 住宅用太陽光発電 スマートハウス

「資源を自ら生み出す取り組み」=「創エネ」の一環として、一般家庭にも広く導入され始めている「太陽光発電システム」。
2050年に実現を目指す脱炭素社会へ向けた、地球温暖化対策・SDGsの観点からも、その重要性がより評価されています。

これまでの太陽光発電


これまでの太陽光発電は、作った電気を売って得る「売電収入」を望めるものとして、特定の需要層へ導入されてきました。しかし、電気の買取価格(売電価格)が下降することから売電収入は激減し、メリットが半減。それなら「自分で作った電気は自分で使おう」という動きが大きくなり、そのための設備が充実してきています。

売電価格の下降は、FIT(固定価格買取制度)の終了が深くかかわっています。

これからの太陽光発電


これからの太陽光発電は蓄電池と併せた「 自家消費モデル 」が主流です。

自家消費モデルとは?

  • 日中の電気使用分は太陽光発電で
    得た電気を使ってまかなう
  • 使わず余った電気は蓄電池に充電
    (満タンになったら売電)
  • 夕方~朝は蓄電池に蓄えた電力を
    使用し電気の購入量を減らす

右図はタップで拡大表示できます。照らし合わせてご覧ください 

このように「なるべく電気を買わない」運用方法が「自家消費モデル」です。電気代が安くなるのはもちろん、電気の購入「量」に上乗せされる再エネ賦課金や、購入「金額」に上乗せされる消費税も抑えられます。

こちらのご不安、みなさまからよくご質問頂きますが、ご安心ください。太陽光発電の設備を設置する際、電力会社が売電・買電をできるようメーターを設置します。電力が足りなくなった場合は従来と同様に電力会社からの供給を受けることができます。

車も蓄電池になる!?


太陽光発電と同じく注目されている電気自動車ですが、電気自動車は蓄電池としても使用可能。これを「V2H…Vehicle to Home」といい、必要な設備を整えることで車を電源としても使用できるようになります。走行時にも、発電時にもCO2を排出することはないため、経済的負担を解消する上に環境保全にも貢献できます。

その他にこんなメリットも


  • 災害(停電)時にも電気が使える
  • 太陽光パネルが直射日光を軽減しエアコン代を削減
  • 電力の見える化で、節電意識が向上

蓄電池は用途に応じて容量やスペックが異なります。

創エネ社会への第一歩として、太陽光発電をはじめてみませんか?

YouDesignHomeには、太陽光発電や蓄電池の仕組みから設置まで専門の資格を持ったスタッフが常在しており、お客様へ実際の使用感をお伝えするため日頃から太陽光や蓄電池・電気自動車・V2Hの導入を行い、使用しています。気になっていることがある、検討しているけどいまいち仕組みが分からない、など何でもお気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい。

0868-36-5542
営業時間 9:00-18:00 (水曜定休日)
お手続きの流れ

▶ 新築と一緒に太陽光発電をご検討の方は、新築ご相談時にお申し付けください。

上記お問い合せ先より、お気軽にご連絡ください。弊社のスタッフが親切丁寧にお答えいたします。

ご依頼内容や現地調査をもとに、システム設計や電気料金シミュレーションを作成いたします

お客様の疑問や不安が解消され、ご納得いただいた時点でご契約のお手続きを進めます。設置に際する補助金申請のサポートもお任せください。

施工技術や仕上りの美しさはもちろん、近隣へのご挨拶から現場作業員のマナーにいたるまで、丁寧に設置工事を行います。

長期にわたって安定した発電をするための、10年間の充実メンテナンスサポートや安心施工補償など、お引き渡し後のアフターサービスも万全です。

 お問い合わせへ